赤ちゃんのアトピーの原因|食事や住宅環境を見直す

赤ちゃんに湿疹が出たら

親子

乳児湿疹には様々な原因があります。特に多い新生児ニキビは女性ホルモンの影響でできると言われています。他にもあせもやアトピー、アレルギー、が原因のこともあります。肌のケアをして、よく赤ちゃんを観察し原因にあった対処をしましょう。

もっと知ろう

赤ちゃんグッズ

ベイビー

レンタルは短期から気軽に借りることができ、自分の赤ちゃんに合うか合わないかが分かる判断の基準にもなり、大変便利である。ベビーグッズの使い勝手が良くても、赤ちゃんが気に入らない場合もある。購入する前に、一度レンタルしてみるのが良いだろう。

もっと知ろう

乳児の皮膚炎を治す方法

乳児

痒くても掻かない事が大切

赤ちゃんは肌が弱く様々な原因でアトピーになる事が多いため、日頃から肌の状態に気をつけておく事が大切です。アトピーになる赤ちゃんは、多くが2歳までには症状が現れるため、2歳になるまでは肌の状態をよく観察します。アトピーは痒い部分を掻いてしまうと皮膚の組織が壊されて、症状が悪化するため痒くても掻かないようにします。痒みを抑える塗り薬や痒み止めの飲み薬を使用して、皮膚を掻かないようにする事が好ましいです。赤ちゃんは食べる食材によってアレルギー反応を起こして、それが原因でアトピーになる事があります。そのため食事のアレルギーが原因でアトピーになっている場合には、赤ちゃんにアレルギーの原因となっている食材を与えないようにします。

完治するまで治療を続ける

食事のアレルギーは赤ちゃんが成長するに従って改善される事が多いため、定期的に検査を行います。ほとんどの赤ちゃんは3歳頃には、食事が原因でアレルギーになる事は解消されるため、様子を見ながら対応します。また赤ちゃんが生後半年を過ぎると、ダニが原因でアトピーになるケースが増えるため、衣類や部屋を清潔に保つようにします。湿度の高い季節にはダニが増える傾向があるため、梅雨の時期は掃除を丁寧に行ってダニを減らします。アトピーで赤ちゃんに塗り薬を使用する場合には、治ってもすぐに塗り薬を止める事は避けます。アトピーは治っても繰り返し症状が現れる事が多いため、治ったように見えても薬の量を減らして完治するまで続けます。

乾燥を防ぐ事が出来ます

赤ちゃんの手

ベビーローションは非常に保湿効果の高いローションです。そのため、赤ちゃんだけではなく、大人の方からも高い人気を集めています。商品を購入する際には、ランキングサイトなどを参考にして、自分のお肌に合う商品を見つけるようにしましょう。

もっと知ろう